Trombone quartet Capriccio

Trombone quartet Capriccio

「トロボーンカルテット カプリッチオ」(Trombone quartet Capriccio)は、首都圏の音楽大学トロンボーン専攻在校生、卒業生により結成。 2016年3月に行われたトロンボーンカルテット イン ジパングコンクルールにて第2位を獲得。その後、2016年6月、アメリカ・ニューヨークで行われた国際トロンボーン協会主催の「ITA Trombone Quartet Competition」にて優勝。世界から注目を集める。 クラシックのみならず、ジャズ、ポップスなどにも積極的に取り組む注目のアーティストグループである。Capriccioとは「気さくに」という意味があることから、メンバーは皆気さくで、とても明るいことも特徴。演奏を聴いて頂ける全ての皆様に笑顔になって頂けたらという願いも込められている。質の高い演奏を提供していけることに全力を尽くしている。

Avancier Quintet

Avancier Quintet

「アヴァンシア五重奏団」(Avancier Quintet)は、現役の東京藝術大学大学院生でありジャンルの壁を自由自在に越える新進気鋭のコントラバス奏者、地代所悠(じだいしょゆう)が同じく東京藝術で共に研鑽を積む仲間とともに結成したヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスにピアノを加えたピアノ五重奏。クラシック音楽を中心に現代音楽、ジャズ、映画音楽までをカヴァーする"ネオクラシックユニット"である。

Saxophone Quintet "FIVE by FIVE"

Saxophone Quintet "FIVE by FIVE"

サクソフォン クインテット "ファイブ バイ ファイブ" (Saxophone Quintet "FIVE by FIVE")は、宮越悠貴が率いるサクソフォーン五重奏団。 "FIVE by FIVE"とは、「五感を満たす」「最高!」「すべて順調!」といった意味を持つ。このバンド名には、「五感を満たす最高の音楽」を作りたいと願う我々の想いが込められている。 また、編成やパート、ジャンルなどが「フレキシブル」に変化する従来には無い全く新しい発想をコンセプトにしている。

AKI マツモト(pf)

AKI マツモト(pf)

東京藝術大学音楽学部附属音楽高校を経て、東京藝術大学器楽科卒業。 在学中に、ジャズサクソフォン奏者であり東京藝術大学客員教授であるMALTA氏が代表を務める株式会社マルタジャパンと契約。大学卒業後、ポップス・フュージョンに新たな方向性を求め、​演奏活動の傍ら楽曲制作を行い、渋谷JZ Brat,六本木Clapsなどでリーダーライブを行う。また、アンサンブルピアニストとしても幅広く活動しており、管楽器、とりわけサクソフォンとの共演多数。 第9回スロベニア国際サクソフォンコンクールにて公式伴奏を務める。 TV朝日「題名のない音楽会」BS朝日「恋するクラシック」出演。 AKIマツモトオリジナルCD2020年5/1発売「Back to the Moon」CDのご予約の件のみ下記アドレスまでお願いします。 akimatsumoto.pianist@gmail.com

Passo a Passo&AKIマツモト

Passo a Passo&AKIマツモト

「パッソアパッソ」(Passo a Passo)&AKIマツモトは、トランペットとサクソフォンという珍しい編成ではあるが、オリジナル作品からアレンジ作品、クラシックからジャズ、更にコメディ要素なども取り入れ、さまざまなジャンルを演奏する。ユニットの名前である「Passo a Passo」とは、初デュオ・リサイタルの際に、2人の恩師である、作曲家の田嶋勉氏によって委嘱された作品のタイトルである。イタリア語で「一歩一歩」という意味があり、今後メンバーたちが一歩ずつ進んで行けるようにとの意味が込められている。

Copyright © 2019 Maltajapan Enterprises, lnc. All Rights Reserved.